30代の独身女性が実家暮らしをしてると痛い女?婚活に不利って本当?

30代の独身女性が実家暮らしをしていると、婚活では不利だという話を聞いた事がありませんか。

ちょっとドキッとしてしまいますよね。

確かに周りの独身女性は、実家に住んでる確率が高いかも…。

でも実は私も30歳を過ぎても、結婚するまで実家に住んでいたんです。

実家に住んでいる事は、必ずしも不利な条件ではないと思います。

30代の独身女性が実家で暮らす場合、気を付けるべきことをご紹介したいと思います。

30代の独身女性が実家暮らしはダメ?

最近は30代の独身女性が実家暮らしをしていると、

  • 痛い女
  • 結婚できない

なんて言われがちですよね。

ちょっとインターネットをのぞくと、ショッキングな結果がたくさんでてきます。

必ずしも、

「実家暮らしをしている=親に依存している」

という事ではありませんが、そういう風に思われがちなようです。

マイナスイメージの代表的なものとしては、このようなものがあります。

  • 金銭感覚がなさそう
  • 家事ができなさそう
  • 精神的に幼稚そう

なかなか厳しい意見ですよね。

それでは、

  • 結婚したい
  • 周りから痛い女と言われたくない

と思ったら、今すぐ一人暮らしを始めなければいけないのでしょうか。

30代の独身女性に求められるもの

30代の女性には経済的にも精神的にも、自立が求められます。

実家に住んでいても、

  • きちんと自立した生活
  • しっかりした価値観をもつこと
  • 年相応の立ち振る舞い

が出来ればよいのです。

  • 家にきちんとお金をいれている
  • 食費や光熱費がどれくらいかかっているか把握している
  • 貯金をしている
  • 将来の見通しを立てている
  • 日常的に料理や洗濯などの家事をやっている
  • 精神的にも生活面でも親との距離を保っている

完ぺきではなくても、こういった事が出来ていれば、男性から引かれてしまう事はないだろうと思います。

逆に学生気分のままで、

  • お給料は自分のお小遣い感覚で浪費
  • 家事も親に頼り切り
  • 将来の事も考えていない

という状況は望ましくありません。

一番大事なのは、自立しようという気持ちを持つ事です。

30代の独身女性の実家暮らし!同性から見ても痛いケースは・・

私は都内出身で、周囲は結婚するまで実家暮らしという女性が多いです。

というのも、都内で女性が安心して一人暮らしできる物件となると、探すのも大変。

都内は家賃がかなり高くて、1Kで10万近くするところも珍しくありません。

手頃な家賃の物件となると、通勤時間がかなり長くなったり、セキュリティなどの住環境が悪くなったり。

条件が悪くなるのを考えると、二の足を踏んでしまうんですよね。

首都圏に実家がある女性は、30代前半くらいまでなら、実家暮らしは珍しくないと思います。

実家暮らしの30代というだけで、引かれてしまうという事もないでしょう。

実家暮らしの30代で結婚した女性も、たくさん知っています。

ただあまりにも自立できていなければ、話は別です。

私の友人は30代になってからも、母親が作ったお弁当を持って職場に行っていました。

しかも、母親が作っている事を公言する有様。

さすがに、大人になって母親の作ったお弁当は、ちょっと恥ずかしいですよね。

「自分で用意するか、せめてお母さんが作っている事は秘密にしたら?」

と言ったのですが、彼女はなぜそう言われるのか、理解出来ないようでした。

彼女は少し婚活もしていましたが、結局5年たった今でも独身で実家に住んでいます。

やはり最低限の親離れ、子離れをしていないと、同性から見ても痛い行動に出てしまうのかもしれません。

30代の独身女性が実家暮らしでも印象を悪くしない為には

30代の独身女性が実家で暮らしていると、どうしても自立してないように思われがちです。

実際に、実家で親が身の回りの世話をしてくれると、ついつい甘えてしまうかもしれません。

食事や洗濯など…

ですから、自分で30代の大人だということを自覚して、精神的にも経済的にも自立する努力をしましょう。

もし、一緒に暮らしていると、

  • どうしても親にべったり甘えてしまう。
  • 親が子離れしてくれない

という場合は、短期間でも一人暮らしをしてみるのもいいと思います。

あなたの人生はこれからです。

あなたが自立した人生を歩むことを、願っています。