猫がしっぽをふりふりするのは?意味が分かると仲良くなれる?

私の家には産まれた時から、猫がいました。

気まぐれな猫が多く、甘えてきたと思ったら突然怒ったり・・・

なかなか猫の気持ちを、汲み取る事が出来ませんでした。

犬は嬉しいとしっぽを振るのはよく知られていますが、さて猫達はどうなのでしょう。

しっぽ振ってるなと思い近づくと、予想外の不機嫌・・・ただのツンデレなのか?

猫のしっぽのふりふりに何か秘密があるのか、探ってみたいと思います。

【スポンサーリンク】

猫がしっぽをふりふりするのは意味がある?

猫たちはしっぽで、感情を表現します。

猫がしっぽをふりふりするのを見ていると、様々な振り方をしているのが分かります。

そうなんです。

「しっぽ振ってるから喜んでる!」

なんて、一筋縄ではいかないのです。

実際に色んなしっぽの振り方のパターンで、猫達の気持ちを探ってみましょう。

しっぽを大きくゆっくりふりふり

大きくゆらゆらとしっぽを振っている時は、リラックスしていたり、ご機嫌な印。

ぼんやり外を眺めながら大きくしっぽを揺らしていたら、

「今日のご飯はなにかにゃー」

「何して遊ぼうかにゃー」

なんて考えて、ウキウキしているところかもしれません。

しっぽを左右にふりふり

つい、しっぽをふってるからご機嫌だと騙されるのは、この左右にふりふりです。

少し力強いぶんぶんっといった振り方は、お怒りの印。

床にバシバシしっぽを打ち付けるほど、イライラしている時もあります。

猫パンチを喰らう可能性がありますので、しばらく距離を置くことをお勧めします。

撫でている最中にぶんぶんと左右に尻尾が揺れ出したら、直ちに避難してください。

しっぽの先だけふりふり

猫の視線の先に何かいませんか?

獲物を見つけて夢中になっていると、しっぽの先をピクピクっと動かす事があります。

寝ている時にピクピク動かす場合は、周りの物音や飼い主さんの呼びかけに反応している証拠。

寝ている間にも少しでも反応してくれてるって思うと、嬉しい気持ちになりますね。

しっぽを垂直にをぴーん

しっぽを真っ直ぐ垂直に立てている時は、ご機嫌で甘えてる時。

「餌ちょうだーい!」

という時に、よく見るしっぽです。

ピンと立てたしっぽで飼い主さんの足元をスリスリして、ご飯をおねだりしますよね。

しっぽがだらんと垂れている

叱られてしょんぼりしている時に、しっぽがだらんと垂れることがあるようです。

人間も叱られるとうつむき加減になりますが、猫はしっぽがうつむいてしまうようですね。

体調の悪いサインのこともあるので、注意が必要です。

しっぽが足の間に隠れんぼ

「しっぽを振っている場合ではない!」

しっぽを足の間に隠すのは、怖がっている時です。

出来る限り小さくなって、

「降参です!」

「襲わないで!」

と言っているところ。

しっぽを座ったままパタパタふる

猫が座って縦にしっぽをパタパタと振っている時は、考えごとの真っ最中。

「今日はどんないたずらしようかにゃ」

「天気も良いし日向ぼっこでもいいにゃ」

と計画を立てているかもしれません。

 

しっぽ一つで色んな気持ちを表している猫。

少し注意して見ていれば、猫達の気持ちを察する事が出来そうですね。

【スポンサーリンク】

我が家の猫がしっぽをふりふりするときは?

猫

私の実家に住む猫がよく見せるのは、しっぽをピンと垂直に立てる姿です。

ピンと伸ばしたしっぽで、ご飯をおねだりしに足元につきまとってきます。

あまりにベタベタするので、うっかり足を踏んでしまった事もしばしばありました。

一方で、イライラのサインは、見逃しがちです。

のんびり寝ている猫を見て触りたくなり、ベタベタしているうちに、しっぽをバシバシ音を立てながら振ります。

夢中になっている私はそれに気づかず、よく猫に怒られることに・・・

触ってとしっぽをピンと伸ばして近づいてきたから触っても、なぜか途中からしっぽをバシバシ振り始め不機嫌になる事も。

触り方が嫌だったのか?

やはり猫はツンデレですね。

猫がしっぽをふりふりする意味について

人間でも機嫌がいいと鼻歌を歌ってしまったり、スキップしてしまったり。

反対に機嫌が悪かったり、心配事があれば貧乏ゆすりしたり、ため息がでたりと小さな気持ちのサインがでますよね。

それを猫達は、全部しっぽで表していたんです。

人間より分かりやすくて、いいのではないでしょうか。

しっぽの動きを注意してみていれば、言葉は話せない猫達とも、もっと仲良くなれるかもしれません。

【スポンサーリンク】