赤ちゃんは歯の生え始めにぐずる?ぐずぐず対処法は?

原因不明の赤ちゃんのぐずぐず。

満腹のはずだし、オムツも綺麗。

「暑いかな?」

「寒いかな?」

色々やってみたけど、ご機嫌は斜めのまま。

そんな時ちょっと、お口の中をのぞいてみてください。

歯茎にちょっと白くて、触ると固いものありませんか。

その正体は

どうやら生え始めって、かゆいらしいのです。

得体の知れない痒みに、不機嫌赤ちゃん。

パパ・ママは成長の喜びと同時にこのぐずぐずどうしたら・・・と悩んでしまいますね。

いつまでぐずぐずが続くのか、ぐずぐずへの対処法はあるのか考えてみたいと思います。

歯の生え始めでぐずる赤ちゃん!ぐずぐず対処法はこれ!

歯が生え始めるのは、個人差もありますが生後5・6ヶ月ごろから。

痒くてぐずりがちなのと、ヨダレもダーダーに出る事もあります。

歯が痒いと夜泣きの原因にも。

夜泣きされると辛いですから、何か対策が知りたいですよね。

いったいどんな対処法があるでしょうか。

 歯がためを使う

「歯がため」は、今や薬局でも手に入りますね。

自分で手で握ってガジガジしてもらえば良いので、ママは楽で嬉しい対処法です。

「歯がため」でなくても、シリコン製の歯ブラシでも代用できます。

 冷やす

大人も歯が痛い時に冷やすと、痛みが緩和されますよね。

赤ちゃんも同じように、濡れたタオルや保冷剤で冷やしてあげると、痒みが治ります。

気分転換をする

赤ちゃんは抱っこが大好きなので、抱っこでお散歩したり歌を歌ってあげたり。

とにかく歯が痒いことを、忘れてもらいましょう。

夜中にもぐずぐずしてしまう赤ちゃんは、特に気分転換がてらお外に出ましょう。

外の刺激を沢山受けて疲れてしまえば、夜はぐずる体力もなくぐっすり眠れるかもしれません。

赤ちゃんが歯が生え始めにぐずった!実体験

赤ちゃん

我が家では、2人の赤ちゃんを育てました。

歯の生え始めのぐずぐずは、2人とも経験済みです。

よだれが増え、手当たり次第に、物をガジガジガジガジ。

母の手が近づいてきたら、さっと掴みガジガジ。

私は手をかじられた時に少し固い物が当たり、歯が生え始めていることに気づきました。

授乳中に生えかけの歯に噛まれて、授乳する際はいつ噛まれるかという緊張感が・・・

幸い夜中に泣くことはなかったのですが、下の歯2本の生え始めは不機嫌さんでした。

二人とも歯の頭がしっかり出ると機嫌は治り、月齢が大きくなるにつれてぐずる事はなくなっています。

対処法として「歯がため」は重宝していたので、出かける時も持ち歩いていました。

我が家の赤ちゃん愛用の「歯がため」はこれ!

歯固め

出典: https://products.pigeon.co.jp/item/index-1720.html

ピジョンの歯がためです。

鈴もついててラトルにもなるし、持ち手が細いので赤ちゃんも握りやすく軽い。

けっこう長い間、1人でかじっていてくれましたよ。

祖父母の家で常備されていたのは、こちら!

出典: https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-441518300

シリコンの部分が小さくて、口に入れやすいようでした。

こちらも振るとカシャカシャ音がなったので、その音も歯の痒みを紛らわせてくれていたと思います。

それでも誤魔化せないほどぐずぐずしている時は、抱っこしてお散歩していました。

これが自然と夜泣き対策にも、なっていたのかもしれません。

雨の日はちょっとだけベランダに出たり、手足を使う運動でスキンシップをいっぱいとりました。

やはり1人になって退屈すると、歯がかゆい事を思い出してしまうんですよね。

夜中も泣いてしまう子は目覚めたらみんな寝てて、寂しいなーと思っていたら痒くなってしまうのでしょう。

赤ちゃんが歯の生え始めにぐずることについて

大人にとっては当たり前の歯ですが、赤ちゃんにとってははじめての物。

なんで痒いのかも分からない、そもそもかゆいって何なの!?くらいに思っているかもしれません。

得体の知れない痒みに不安な赤ちゃんを、安心させてあげられると良いですね。

生後5ヶ月くらいになったら、いつでも歯が生えても大丈夫なように、「歯がため」になるおもちゃを用意して備えておくといいでしょう。

可愛い歯が元気に育ちますように。