赤ちゃんが母乳の後にゲップをしない!対応は?しなくても大丈夫?

我が子が母乳を飲み終わったあと、”どうやってもゲップがでない“ことがないですか?

「ゲップのやり方が駄目なの?」

「何かの病気なの?」

と、不安になってしまいますよね。

昔、私も長女が母乳を飲んだあとにゲップをしなかったことで、必死にゲップのやり方を調べました。

ところで、

「赤ちゃんはおっぱいを飲んだあとに毎回ゲップをださないと駄目なの?」

とギモンに感じませんか。

当記事は、赤ちゃんがお乳を飲んだあとにゲップがでなくても良いのか解説します。

そして、実際にゲップがでにくかった娘を育てた経験も紹介しましょう。

母乳を飲んで赤ちゃんがゲップをしないでも大丈夫か?

まず結論を言うと、母乳を直に飲んだ赤ちゃんは、ゲップをださないケースがあります。

ホッとしましたか?

しかし、ほ乳瓶を使って飲んだケースでは、ほ乳瓶の仕組み上、空気を一緒に飲みこんでしまいます。

ほ乳瓶の時はゲップを必ずさせなければならないのは、このため。

一方、母乳を直接飲むと、上手に飲める子でしたら飲んでいる間に空気を飲み込みません。

だからゲップをだす必要はないのです。

また、ゲップをだすのが不得意な体質の子もいます。

ゲップがでにくいのは”個体差”です。

あまり気になさらず、以下のような対応を試してみてはいかがでしょうか。

  • 少しの間、縦抱っこをする
  • 膝の上に座らせる
  • 頭を少し高くした状態で寝かす
  • 横向きに寝かす

上記の対応で自ずとゲップをだします。

また、飲み込んだ空気をオナラでだす子もいるようです。

寝かせてあげる時は吐き戻し対策で、なるべく横向きに寝かせましょう。

布団が汚れるのを防止するため、タオルを予め敷いておくなどの準備をしておくと良いです。

以下の動画はゲップのさせ方と、ゲップをしなかった時の寝かせ方の詳細となります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

うちの赤ちゃんも母乳をあげてゲップをしなかった

産後を思い返すと、我が家の娘もゲップをなかなかしない体質でした。

ゲップに成功したのは、数える程しかなかったです。

娘は1歳になるまで、完全母乳で育てていました。

産後の入院中に何通りかゲップのだし方を教わっています。

なのに、娘はどのやり方でも、ゲップをしませんでした。

ゲップのやり方を検索して、片っぱしから試しましたが、やはりゲップはでない。

仕方ないので、授乳のあとは毎回20分程度たて抱っこをして過ごしていた記憶があります。

寝かす時は頭を少し高くなるように、タオルで調整して寝かせました。

何度か吐き戻してしまったこともあります。

基本的にずっと横で見張っていたため、すぐに吐き戻しの対処をし、誤飲等の事故は防いでいました。

初体験のときは、緊張の連続ですよね。

生後半年くらいで寝返りや自分で座れるようになると、授乳のあとに縦抱っこをしなくても吐き戻さなくなりました。

我が家の経験をまとめると、こうなります。

  1. 産まれて2か月くらいは、なんとかゲップをさせようと必死
  2. 生後3か月くらいに、「娘はゲップをだすのが不得意な体質だ」と気づく
  3. その後は「吐かなければ大丈夫」という気持ちで過ごす

娘を育てた経験で一番大事だと思ったのは、ゲップをしないのは「そういう体質」と割り切ること。

ゲップのさせ方が駄目な訳ではありません。

赤ちゃんの個体差ですので、ゲップがでなくても必要以上に心配しないでくださいね。

赤ちゃんが母乳を飲んでゲップをしないことについて

母乳を飲んでいる子は、ゲップがでないケースがあります。

その子のお乳の飲み方や体質によって、ゲップのでやすさは変わってくるのです。

ゲップがでないからといって、神経質に考え込むのは良くありません。

以下のように、できる範囲の対応をしてあげましょう。

  • 縦抱っこをする
  • 膝の上に座らせる
  • 頭を少し高くした状態で寝かす
  • 横向きに寝かす

「ゲップをだしてくれないからユウウツだ・・・」

と思っていませんか?

ゲップについての正しい知識を持つことで、ユウウツは解消できます。

『授乳』という、我が子とのかけがえのない時間を楽しんで育児をしていきましょう。