子供が書く字が汚い!練習方法はある?

子供が丁寧に字を書かない!

親にとっては悩みの一つでは。

字が汚い原因の一つに、「頭の回転が早いから」という理由があるそうです。

たくさんの考えを急いで書き留めようとして、早く雑に書いてしまうのでしょう。

でも、字はきれいにこしたことはありません!

私も子供の字で悩みました。

字がきれいだと、几帳面できっちりした人に見えますよね。

大人になってからは、字がきれいなだけで素敵な人と見られることも。

習字を習わせれば良いのだけれど・・・そんな時間もお金もない。

そんなあなたに、私が実践した練習方法をお教えします。

【スポンサーリンク】

字が汚い子供におすすめの練習方法は?

  1. いろいろな線を書いてみよう!
  2. 文字をなぞってみよう!
  3. お手本を見て書いてみよう!
  4. 字をイメージして書くようにしよう!

実践順に並んでいます。

あなたのお子さんに合わせたところから始めても大丈夫ですよ。

① いろいろな線を書いてみよう!

直線や曲線、波線やぐるぐる、いろいろな線を書きましょう。

自分の思った通りに、手を動かせるようになることが目標です。

何度も繰り返すことで、線が上手に書けるようになります。

② 文字をなぞってみよう!

手持ちのテキストやドリル、何でも良いです。

字を鉛筆でなぞりましょう。

できるだけ文字が大きいものを選ぶと良いですね。

なぞる時は、線の直線や曲線、とめはらいなどを意識して、ゆっくりなぞりましょう。

ただ、この練習を面倒くさがる子も多いようですね。

状況をみて、③に進めてあげると良いでしょう。

③ お手本を見て書いてみよう!

いよいよ自分で書いてみましょう。

線をきれいに引くこと、はねやとめ、はらいを意識して書かせてくださいね。

一画ごとに丁寧にゆっくりと。

最初は、方眼紙のようにマス目のある紙に書くと、バランスが取りやすいでしょう。

④ 字をイメージして書くようにしよう!

ここまでで、大分きれいに書けるようになっていると思います。

次はお手本なしで、字をイメージしながら書いてみましょう。

イメージすることで、次に鉛筆を進める方向がわかってきます。

 

他に・・・

鉛筆は正しく持っていますか?

書きづらくても、正しい持ち方に慣れるようにしましょう。

書き順が違っても、字のバランスに影響があります。

正しい書き順で書きましょう。

筆圧にまで気を配ると完璧ですね!

また、練習に飽きないような工夫も必要。

一つできたら好きなシールをノートに貼らせるなど、工夫してみると良いでしょう。

【スポンサーリンク】

字が汚い我が子におすすめの練習方法を試してもらった?

字が汚い我が子に、おすすめの練習方法を試しました!

始めはゆっくり丁寧に線を引くことから。

直線は上手だけれど、曲線をきれいに書くことができません。

それでも何度か書いているうちに、きれいに書けるように。

次は学校のドリルを、なぞらせました。

とめやはらい、書き順まで載っているので便利ですよね。

きれいな字をイメージできるように、なったみたいです。

その後お手本を見ながら、文字を10ミリ方眼用紙に書いてみることに。

ここで書き順をかなり間違えていることに、気が付きました!

正しい書き順で書いた時と、バランスが違うんですよね。

書き順は大事です!

これでずいぶん上手に書けるようになりましたよ。

試してみて、最初のいろいろな線を書く工程が重要だと思いました。

頭で書こうと思っていても、手を思い通りに動かせなければきれいな字は書けませんからね。

字が汚い子供にオススメの練習方法について

まとめてみましょう。

  1. いろいろな線を書く!
  2. お手本の文字をなぞる!
  3. 自分でお手本をみながらゆっくり書いてみる!
  4. 字をイメージしながら書く!

を順番に試してみてください!

どの工程も一画一画を丁寧に、ゆっくり書かせてくださいね。

自分の思った通りの線が書けるようになれば、字は上手になっていくでしょう。

書き順や鉛筆の持ち方も大切です。

チェックしてあげてください。

練習は子供には単調かもしれません。

ヤル気が続くように、態度や字を十分にほめてあげてくださいね!

【スポンサーリンク】