男の子の名前は一文字がかっこいい?三音なら呼びやすい!

パパママから赤ちゃんへのプレゼント、名前。

何人産んでも、きっとすごく悩むはず。

四柱推命や響き、そして苗字とのバランス…。

文字にしたらかっこいいのに、声に出すとちょっと気になってしまうなど、悩みはつきません。

実は漢字一文字だけの名前は、何文字の苗字でもバランスが良くかっこいい名前が多いのです。

三音なら誰からも親しまれる呼び方ができます。

今回は男の子のかっこいい、呼びやすい名前を集めてみました。

参考になれば幸いです。

男の子なら一文字三音!素敵な名前、集めました

一文字の名前、そんなにあるの?

あります!

近年では名前のつけ方も多様化して、男の子でも優しい印象のある名前も多いのでは。

  • あさひ:
  • いつき:
  • かなで:
  • かえで:
  • みなと:

などなど、探せば結構あって、どれも人気の名前です。

かっこいい名前もやっぱり人気で、

  • あつし:篤・淳
  • いたる:至・到
  • かなめ:
  • たくみ:匠・巧
  • はるき:
  • やまと:

と、少し古風で、キリリとしています。

男女ともに付けられるような名前は特に増加していて、

  • はるか:
  • みさき:
  • やよい:
  • しずく:
  • あかね:
  • つばき:椿

などなど、一昔前なら女の子のイメージですが、今では違和感がなくなってきています。

どうですか?

結構今時っぽい呼び方を、集めてみました。

キラキラネームっぽい難しい名前になりそうかなと思っていましたが、読み方はそんなこともありませんね。

文字の意味をとってみてもわかりやすく、どれも素敵です。

考えてみれば一文字三音は、昔から沢山ありました。

  • たけし:
  • あきら:
  • まこと:
  • しのぶ:
  • のぼる:
  • つばさ:

は、幅広い年代で使われています。

特に翼は、現在でも人気の名前ランキングに度々登場。

今回挙げた以外にも、様々な漢字が使用されることが多く、親の願いが感じられます。

私が出会った一文字三音の男の子!名前の漢字も読み方もかっこいい!

私が出会った一文字三音の男の子に、「すばる」くんという小学生の男の子がいました。

漢字は「寿」

漢字一文字見ただけで、本当に祝福された名前だというのが分かります。

なのに読み方は、なんだかオシャレで古風と今時両方兼ね備えた名前です。

同じ漢字と名前で出会ったのは、後にも先にも彼一人。

同じ読み方で、「昴」という漢字もあります。

「すばる」とは牡牛座を表す漢字。

青くキラキラと輝く美しい星です。

また、従兄弟には、「あつし」という名前の男の子がいます。

日本にたくさんいる画数の少ない苗字だけあって、「篤」という漢字はよく映え覚えやすいのです。

「篤」という漢字は

  • 情に篤い
  • 信頼に篤い

という意味で使われますが、そのままの男性になりました。

あなたの苗字によっては、一文字だと華やかさにかけると感じるかもしれませんが、「昴・篤」はどちらも画数の多い漢字です。

一文字の名前に使われる漢字は、画数が多いものも多くあります。

逆に一文字二音の苗字に、一文字三音の男性にあったこともあります。

声に出せばそれほど気になる事もないけれど、いただいた名刺の名前は全部で二文字。

画数も少なくインパクトは、なかなかのものでした。

大人になってからは名刺で覚えてもらう事もありますから、名前を強みにできる場合もあります。

ちなみに、政治家二世の多くが太郎や一郎などわかりやすい名前が多いのは、有権者に覚えてもらいやすいからなのだそうです。

男の子の名前を一文字三音で調べて思ったこと

子供の頃三音の名前が、羨ましいと思うことがありました。

私は女性ですが、二音の名前で妹や従兄弟は三音。

「なっちゃん」とか「あっちゃん」と誰からも親しまれる呼び方をされていて、羨ましかったのです。

現在成人してからも、ずっと同じ呼ばれ方をされています。

そう思うと本人も、とても愛着がある素敵な名前になりそうですね。

また漢字一文字は男の子だと、どっしりと潔い、逞しい印象も受けます。

今時の呼び方でも、文字は古風でかっこいい印象の名前となるでしょう。